心構えをあるある話で知る

はじめてシステム開発の仕事に就くという新人にとって、仕事をする事には緊張がある。システムエンジニアの仕事が実際にどのようなものであるのか経験が少ないため、どのような心構えで仕事に向かえばいいのかについて判断することができない。確かに仕事の経験を重ねていくに従って、プロとして必要な心構えを身につけていくことはできる。しかし、中にはそうした心構えを持つ前に失敗してしまい、転職してしまうというケースがある。

システムエンジニアの仕事に対しての心構えについて、予備知識があるというのは役に立つことである。システムエンジニアの仕事にまつわるようなあるあるエピソードを参照してみると、どのような心構えでその仕事をこなさなければならないかが理解できる。プロとしてコンピューターシステム開発に関わる以上は、肝心な部分で妥協することはできない。プライベートで制作するシステムであれば、自身の責任で妥協するケースもよくあるだろう。しかし、コンピューターシステムの開発を行うエンジニアが、重要な開発部分で妥協しては、クライアントや多くの人に迷惑をかけることにもなりかねない。プロとして責任ある仕事への取り組みの姿勢を持つことが、必要な心構えである。業界でのあるあるエピソードを参考にして、いかにその仕事に大きな責任がある事かを知れば、まだ仕事の経験が浅い新人の頃からでも、プロとしてふさわしい責任感を持って仕事を行う事ができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です