人間関係作りのきっかけ

社会性を持つ動物である人間は、仲間同士の共感を持つことで親近感を感じる事ができる。仕事の現場でも同様であり、親近感を感じられる共感を育むことにより、仕事がうまくいく。共感を生み出す手掛かりとして、仕事上での経験を手掛かりとすることができる。仕事のあるある情報は、何らかの形で他のエンジニアも経験があり、共感を生み出してコミュニケーションをとるための手段としてのきっかけになる。

まだコンピューターシステムの新しい職場に配属された頃は、職場にうまく馴染むことができない。そこで、システムエンジニアのよくあるネタをコミュニケーションの手がかりとする事ができる。新しく仕事を始めたばかりで、スタッフとの人間関係が形成されていなくとも、同じシステムエンジニアとして働いてきた人物であれば、あるある情報に何らかの心当たりがある。そうした意見交換を繰り返すうちに、次第に互いに共感を持つようになり、仕事のコミュニケーションもうまくいくようになるだろう。仕事にとって人間関係の構築は重要な要素であり、また仕事に対して面白さを感じられる要素の一つである。もし仕事に面白いような点を感じられないのであれば、人間関係について改めて見直してみる事が、事態を打破するきっかけになりうる。そうすれば、人間関係の構築の大切さを再認識し、あるある情報を利用してスキンシップを図る事ができ、次第に仕事に秘められた面白さにも気づくようになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です